« シンプソンが来ました | トップページ | 京都へ旅行 »

エキサイテングな昨日のF1でした

昨日の日本GP、とてもエキサイテイングなレースでした。最後のライコネン選手のパス、すごいとしかいいようがありません。でも、佐藤選手、とても残念な結果でした。タイヤがロックし、ツルーリ選手に突き刺さってしまった感じでした。TVなのでよく判りませんが、もう少し待って欲しかった。でもきっとあそこでしかチャンスがないと思ったんでしょうね。しかしながら、パスをする時はパスをする人が最大限の注意を払い、パスをされる人は、パスをする人が認識できた場合は、シャットザドアを絶対しない事が求められます。これはJim Russellのレーシングスクールでも厳しく教えられます。レースがスポーツであり、さらに危険が伴うものであるので、危険回避がレースの鉄則です。ですから、パスをする場合は、相手に自分のノーズをきちんと見せられるように、横にきちんと並ぶ事が求められます。そう言う意味では、今回の佐藤選手は処分を受けて致し方ないと私は個人的に思います。次ぎの中国GPのレースに私は期待したいです。
でも、F1でレースをしている人はすごいとしか言えないです。F1は別世界のものでした。ストレートで、5
速で立ち上がっても、あの有り余るパワーで、頭が後ろに持っていかれるあのパワーは、F3などのレーシングカーにはありません。まさに別世界のものです。あれで世界選手権を争える人たちはすごいとしかいいようがありません。ではまた。

|

« シンプソンが来ました | トップページ | 京都へ旅行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126396/6333484

この記事へのトラックバック一覧です: エキサイテングな昨日のF1でした:

» 日本GPライコネン強し [芸能&スポーツ瓦版]
9日に鈴鹿で行われた日本GPはスタート直後に 琢磨がカーブでクラッシュし5番手から後退する そして大好きなモントーヤがリタイアしショックやし その後レースは最後まで見てたけどライコネンが逆転で 優勝したけど17番手からはやっぱり速いよな コンストラク....... [続きを読む]

受信: 2005年10月10日 (月) 13時32分

« シンプソンが来ました | トップページ | 京都へ旅行 »